歯周病になる原因と賢い対処方法

歯周病になる原因は一体何!?

歯支えている骨が溶けてしまう病気の事を、歯周病と言います。歯周病は特に自覚症状がないため、知らない間に進行し、気付けば歯がなくなっていたという恐ろしい病気なのです。日本では、35歳以上の半数以上が歯周病になっているといったデータがあります。
では歯周病の原因は一体何なのでしょうか?歯周病の主な原因は、プラークと言う細菌の塊です。このプラークによって発生した毒素によって歯周病が発生して進行していくのです。また、身体の免疫力が低下しても歯周病は進行しやすくなります。さらには、喫煙している人も歯周病になりやすいといったデータもあります。それは喫煙する事により、歯茎の免疫力や修復する機能が低下してしまうためです。

歯周病の対策に何をすれば良い?

歯周病は進行すると歯茎のすきまが出来るため、食べかすが詰まりやすくなります。そのため歯周病になっても気付かないでその状態のまま放置しておくと、さらに歯周病は進行してしまうのです。進行してしまうと、歯を失うだけでなく糖尿病や心臓病の原因にもなるためとても深刻です。
例えば歯茎が腫れてきたり、口臭が臭くなったり、歯茎がブヨブヨになったり、起きた時に口の中がネバネバしているといった症状が当てはまる場合は、歯周病になっている可能性がありますので、一つでも当てはまる場合には、歯周病専用の歯磨き粉に変えた方が良いかもしれません。また歯周病はプラークが主な原因となるため、しっかりとブラッシングの際に汚れを落とす事が重要です。手遅れになってしまわないように、ブラッシング方法を見直すようにしましょう。